施設案内 FACILITIES

WELGARDEN IKOEN

ウエルガーデン伊興園

  • 特別養護老人ホーム
  • ショートステイ
  • 一般型デイサービス
  • 認知症対応型デイサービス
  • 訪問介護
  • ケアプランセンター
  • 地域包括支援センター

tel.03-5838-1500

  • TEL
  • 施設トップ
  • 特別養護老人ホーム
  • ショートステイ
  • 一般型デイサービス
  • 認知症対応型デイサービス
  • 訪問介護
  • ケアプランセンター
  • 地域包括支援センター

総合トップ > 施設案内 > ウエルガーデン伊興園 > 特別養護老人ホーム

特別養護老人ホーム

一般型デイサービス

特徴

「当たり前の外出」 電車・バスを使った日々の外出「当たり前の外出」 電車・バスを使った日々の外出

「当たり前の外出」
電車・バスを使った日々の外出

当施設のご利用者様は電車・バスを使用して外出をします。入居施設の外出は普通は施設車両を使用します。しかし当施設の外出は施設車両を使用しません。施設車両での外出は天候も気にせず、外出ができとても便利です。施設を出発したら目的地に到着できます。当施設の外出は公共交通機関を使用しますので施設を出発したあとも最寄りの駅、乗り換え、目的地の駅、目的地といくつもの「ポイント」を通ります。公共交通機関を使った「当たり前の外出」を実践することでご利用者様の外出への楽しみはより多くなります。街や駅の風景の変化、多くの年代の方を見ることの刺激等もあります。施設に戻ってくると以前との「変化」を笑顔で報告してくださいます。

「当たり前の入浴」 どの状態の方も家と同じ入浴「当たり前の入浴」 どの状態の方も家と同じ入浴

「当たり前の入浴」
どの状態の方も家と同じ入浴

当施設のご利用者様は、全員個室の浴室でご自宅と同じように入浴します。入居施設浴室は普通は要介護状態が重度の方のために寝たまま入浴したり、座ったまま入浴できる機械浴があります。どの状態の方にも対応できるようにする配慮です。当施設では全ての浴室をご自宅と同じような浴室に改修しております。「家と同じようなお風呂に入りたい」というご利用者様の声が多かったからです。改修工事後はどの状態のご利用者様も全員がご自宅と同じような浴室で入浴できております。毎回の入浴で好みの入浴剤を選んだり、ご利用者様一人ひとりのこだわりの入浴を楽しんでいただいております。

「当たり前の歩行」 歩くことはかっこいいことを思い出す「当たり前の歩行」 歩くことはかっこいいことを思い出す

「当たり前の歩行」
歩くことはかっこいいことを思い出す

入居者全員を対象に歩く事を目指します。入居施設では疾病や長期寝たきり等で歩けない方が多くいます。毎日の生活では入浴・食事・排泄・整容等の行為の全てに「歩くこと」が求められます。「歩くこと」ができればご利用者様がもっと自由に生活できる可能性が高くなります。当施設では日々のリハビリに加え、週2回のフロアリハビリでの歩行も行ないます。毎日の散歩やコンビニエンスストアまで歩行しての買物等、生活の中で歩く機会を増やしています。椅子に座れない方は座れるように、歩けない方は歩けるように一人ひとりに合わせたケアを提供します。歩けるようになった方は皆様、歩行時は笑顔になります。それは歩くことがかっこいいからです。

「当たり前の食事」 常食が一番美味しい「当たり前の食事」 常食が一番美味しい

「当たり前の食事」
常食が一番美味しい

入居者全員を対象に常食を目指したケアを提供しています。入居されている方は疾病等の理由から「噛む力」「飲み込むこと」のレベルが一人ひとり違います。「今の状態」に合わせて、常食・軟菜食・ソフト食・ミキサー食の4段階の食事形態を提供しています。入居者全員を対象に日々の状態を定期的にチェックし、食事形態が常食になるよう一人ひとりに合わせたリハビリや口腔ケアを徹底しています。食事形態が改善すると皆様「前より美味しい」と答えます。もちろん常食が一番美味しいです。外食でお寿司や好きな物が食べられるようになった方もたくさんいます。

「当たり前の排泄」 トイレで排泄したい「当たり前の排泄」 トイレで排泄したい

「当たり前の排泄」
トイレで排泄したい

施設に入居されている要介護状態が重度の方もトイレで排泄ができる。当施設では、どんな状態の方でもおむつ交換ではなくトイレで排泄できないかを検討いたします。一般的に施設に入居されている方の50%以上はおむつを使用していると言われています。歩行できない、便・尿意がないjなどおむつを使用する理由は様々です。当施設の入居者にトイレで排泄したいか問うと当たり前ですが、多くの方が「トイレで排泄したい」と答えます。私たちは一人ひとりの状態に合ったケアを提供し、多くの方にトイレでの排泄を取り戻していただいています。

イベント

施設概要

建物の構造 鉄筋コンクリート造 地下1階付4階建
敷地面積3,145.50㎡・延べ床面積 6,190㎡
住所 〒121-0823 東京都足立区伊興3-7-4
TEL/FAX TEL.03-5838-1500TEL.03-5838-1500
FAX.03-5838-1501
定員 130名
職員数 168名(全事業職員数・平成28年4月1日現在)

料金表

要介護度別利用料 日額(1割負担分)

要介護度別 多床室 従来型個室
要介護1 597円 597円
要介護2 670円 670円
要介護3 744円 744円
要介護4 817円 817円
要介護5 888円 888円

加算

加算項目 要介護度別 自己負担額
日常生活継続支援加算 共通 40円/日
栄養マネジメント加算 16円/日
個別機能訓練加算 13円/日
看護体制加算Ⅰ 5円/日
夜勤職員配置加算 15円/日
精神科医療養指導加算 6円/日
経口維持加算Ⅰ 436円/月
経口維持加算Ⅱ 109円/月
外泊時費用(6日以内/月) 269円/日
介護職員処遇改善加算(Ⅰ) 合計単位数の5.9%

介護保険給付対象外サービスの利用料(自己負担)

サービス内容 所得条件別 多床室 従来型個室
食費 第4段階 1,380円 1,380円
第3段階 650円 650円
第2段階 390円 390円
第1段階 300円 300円
居住費 第4段階 840円 1,150円
第3段階 370円 820円
第2段階 370円 420円
第1段階 0円 320円
日用品代 実費 100円
理美容料 実費(月1回) 1,500円
預かり金・小口現金扱い管理費用 共通 50円
理美容料 共通 1,500円

費用例

介護保険1割負担 多床室 4段階 1ヶ月30日での計算

要介護度 基本費用 食費 居住費 日用品費 合計
要介護度3 基本費用26,388円 41,400円 25,200円 3,000円 食費41,400円 居住費25,200円 日用品費3,000円 合計95,988円
要介護度4 基本費用28,708円 食費41,400円 居住費25,200円 日用品費3,000円 合計98,308円
要介護度5 基本費用30,959円 食費41,400円 居住費25,200円 日用品費3,000円 合計100,559円

∗上記他に、医療費、理美容代、喫茶代などが実費でかかります
∗記載金額はあくまで目安です

施設へのアクセス

Loading...

お電話でのお問い合わせ

tel.03-5838-1500

  • TEL
所在地
〒121-0823 東京都足立区伊興3-7-4

営業時間
9時00分~18時00分

相談窓口
生活相談室

新着情報 NEWS

PAGE TOP